ノンケの友人がラッシュで

中学時代に友人としゃぶりあいをしてから男も女もOKになりました。
その友人は数回俺としゃぶりあった後は、完全ノンケとしての人生を歩んでますし、今でも俺の親友でもあります。やめなければいけないとわかっていてもやめられないことがある。

俺は妻子持ちだが、ときどき無性にチンポがしゃぶりたくなり、最低でも週に1度は公衆トイレで待ち合わせをしてしゃぶらせてもらっている。妻には残業だと言って、近所から3駅離れた公園を主に利用している。
こんなこと妻にバレたら大変なことになるが、どうしてもやめられない。正直に言ってしまうと、フェラするのが大好きでチンポをしゃぶっているとこの上ない興奮状態になるし、何と言ってもうっとりして幸せな気持ちになってしまう。
今までに何十本しゃぶらせてもらったかわからない。たぶん3桁だ。
会った人もいろいろ。不潔なおじさんもいて、チンポのにおいが強烈でまいったこともある。でも、断ることは失礼というか俺の場合、どんなに汚くてもチンポを目の前にするとしゃぶってしまう。
最後は口に出してもらう。あまりごっくんはしないが、酔っているとたまに飲み干してしまう。

最近は週1じゃ我慢できず、週2になってきている。
やめるどころかはまってしまっていて今後どうなるのか心配ではある。

数年前のこと。東京で暮らす俺が夏休みを利用して帰省した際、空港までその友達が迎えに来てくれました。
そこでハプニング発生。車の中でそいつに渡すお土産を探そうとバッグを開けたら、ラッシュの小瓶が転がり出てしまいました。運転している友達の股間に転がった小瓶を不思議そうに拾い上げながら、「何これ?」と聞かれたので、正直にラッシュの効能を説明しました(友達は俺がバイであることを知っています)。
もともとヤンキーでいろんな悪いこともやってたそいつは、ラッシュに異常な興味を示し、俺が止めるのも聞かずに運転中にもかかわらず、ラッシュを爆吸いしました。その度に「わースッゲー」と連呼するものですから、俺も興奮して一緒に吸いながらドライブしていました(今考えても危険すぎ)。

興奮した俺は、久々に友達のチンポをしゃぶりたくなり、運転中のそいつの股間に手を伸ばしました。ラッシュで興奮しているためか、そいつは何の抵抗もせず、ニヤニヤ笑ってました。チャックを開けて生で触った時は、10年ぶりのそいつのチンポに興奮し、たまらずしゃぶりつきました。
しばらくしゃぶり続けていると、車が止まり、友達はサイドブレーキを踏みました。
俺が顔を上げるとラブホのガレージの中でした。

それからは二人無言で部屋に入り、シャワーも浴びずにそのままベッドでお互いの服を脱がしながら、ラッシュを常時吸いながら狂ったように盛りました。
二人でラッシュ吸いながらディープキスして、唾液を交換しながらチンコをしごきあったり、体中を舐めあったりしながら延々2時間近くも二人で声を出しながらやりまくりです。ラッシュを吸ってはしゃぶり、また吸ってはキスしながら、最後はお互いの口の中に同時発射しました。すぐにまたディープキスでお互いの精液を交換しました。

シャワーを二人で浴びながら聞くと、そいつはやっぱり男とは俺だけらしく、10年ぶりの体験みたいでした。ラッシュの力恐るべしです。
その夏は一週間実家にいましたし、そいつとはほとんど毎日会って、ゴルフや釣りやマージャンや勿論酒も飲みましたが、セックスすることはありませんでした。
俺がそれとなく誘っても、やんわり断られてしまったからです。
でもラッシュは相当気に入ったらしく、結局俺の手持ちの瓶を渡しました。
その後、時々電話でラッシュを送るよう頼まれました。
でもご存知のとおり、今ではご禁制の品です。あ~、ラッシュが欲しいです。