変態マンコ

僕のセフレの翔太はソフモヒでモミアゲ伸ばした今風で、子供のまんま大人になった様なキャラしてるのに、頭の中はいつでも大好きなオマンコのことで一杯な奴です。

大量にコレクションしているマンコ丸出しのエロ下着を取っ替え引っ替えしながらRの小ビンを吸いまくりの尻振りダンスでいつもマラのおねだりをする可愛い奴です。チンコも乳首も敏感ですがマンコは特に感じて、穴あき下着に勃起マラをネジ込んでやると舌出して喜ぶ変態マンコです。

ズコ掘りしていると中はトロッてきてますます翔太のテンションは上がって、自分の尻タブを両手で開き更にマンコの奥までマラを欲しがり突き出してきます、激しいピストン食らわせる内に翔太は白目を剥いて失神寸前になり、マンコが内部から盛り上がり赤い肉ヒダがめくれ出して開き、まるで噴火口の様にドロドロに溶けた内部を見せて爆発寸前の活火山マンコになります、だけどそんなになっても僕のマラをくわえ込んで放しません。マラは最大に膨張して鬼頭が激しいピストンで熱くなったマンコの肉ヒダに絡み付き発射寸前になると翔太はだらしなくよだれを垂らしてヨガリ、マンコを締め付けてきます。
ドバッと大量のザーメンが内部に放出されると翔太は必ず痙攣して僕にしがみついてきます、ご褒美のキスをタップリしてからマラを引き抜くとヒクつく噴火口から押し出された白いマグマが流れ出します。その瞬間ますます翔太が愛おしくなります。