体育大学乱パ

体育大学三年のときのこと。世田谷の某オリンピック発展公園で出くわした同じ部のOB。この先輩から他大学の体育会と乱パしようぜ、との連絡があった。もち即答OKっすよ!と俺。

場所はD大の寮(夏休みで誰もいなかった)メンツは俺たち二人とD大のラグビー部、野球部、N大のボート部の五人。俺の先輩は加藤雅也をマッチョにした感じ、主催のビー部はすでにケツワレ一丁。バルク筋肉だがケツのボリュームがスゲェ。野球部は胸板のバルクはさほどでもないが太腿の張りがいい感じ。ボート部は彫刻並にバランスがいい体。さっそく寮の風呂でシャワーを浴びる事に。

寮母も帰省した誰もいない暗い廊下の奥にある風呂で全員シャワ浣することに。バリタチの俺には想定外だが、先輩に有無を言わせて貰えずケツにホースを突っ込まれた。生温かい液体が腸を圧迫し始める。奴らはすでに家で準備してきたらしく、お互いのケツから透明の浣腸水を噴射しながら盛ってたが、俺は慌ててトイレに駆け込んだ。何時か繰り返した後、奴らと真っ裸のまま全員勃起させながら廊下を歩き、階段にさしかかると、バリネコらしいビー部が「ここで一発ぶち込んでくれ」と四つん這いになり両手でデカ尻をおっぴろげた。先輩がすかさずしゃがみ込みベロンベロン肛門を舐めまわした。アアンっっと女みてぇな声をあげるビー部。横にいた二人は俺のマラと乳首をいじりはじめた。

野球部の太腿が気に入っていた俺はフェラさせながら自分の指に唾をつけ奴のケツをいじってやる。毛のないデカケツの奥には意外にも経験豊富そうなビラマンコが。「結構やられてんのか、ん?」くわえ込みながらケツを振り「たまに先輩たちに廻されてるッス」ケツん中掻き回した三本指をひきぬくと、肛門から糸をひく。「あっっ!!!、もっと欲しいっす!!」とぬかす奴にその指を舐めさせると横からボート部も一緒になってチュバチュバ。野球部を四つん這いにさせて、オイルを塗った俺の18cmマラをあてがうと野球部のケツマンコが勝手に吸い付き飲み込んでいく。俺のチン毛が奴の肛門に当たるくらいまでくると、あ~んっとヨガる奴。ゆっくりピストンしながら奴のポイントを探し、手と付け根で奴の鍛え上げられたケツの感触を楽しんだ。ケツ肌がスベスベでムッチリと丸いケツに俺のマラが突き刺さり、イカツい二枚目が女みてぇにあんあんっヨガるのはたまんね~!

横を見るとボート部とビー部が交互に先輩に掘られてる。野球部は騎乗位になりデカ尻で俺のマラにウンコ座りし、ちゅぽっと音を立てながら亀頭をだしいれして楽しんでいた。俺が奴のケツを掴み、下から高速ピストンしてやると「あっっ!だっダメッす!!やばいっす!あっっあんっあんっ!!当たるっっ当たってる~!!!」と絶叫。20分くらい掘り込むと野球部は泣きながらヨガッて「種ください!孕ましてほしいっす!」そこでビシッと音がするほど大量の発射。「あ~っ来て!来て!スゲェわかるよ~」と野球部。ゆっくり立ち上がると、野球部のケツマンコはパックリ開き、ポタポタ種が滴っていた。そこへ、ビー部がケツに吸い付きベロンベロン舐めはじめ野球部を四つん這いにさせて舌を肛門に差し込みレロレロ。まだいってない野球部は頭を振ってヨガッてる。ビー部のケツからは先輩の種汁が滴っている。

今度はボート部がビー部を掘りはじめた。「ん~っっ」と唸るビー部はケツを自分から振りまくる。「マンコぉ~スゲェ感じる~」「グチョグチョじゃねぇかよっあ?誰にやられてんだよ?答えねぇと止めちまうぜ」とボート部の言葉攻めに「あ~止めないでください!コーチに..コーチにマンコされてるっす」とビー部。俺はこの後先輩のケツが無性に掘りたくなり、先輩のデカイが締まったケツを撫でながら「いいっすか?」と聞くと無言て四つん這いになる先輩。割れ目にびっしり生えた毛の真ん中にピンクの肛門が汗でしめっていた。舐めると汗と男臭が鼻をつき、掘りこむと締まりがよく、気持ちいい!低い声で「お~スゲェ気持ちいい」と先輩。モデル顔のマッチョ先輩のケツにどっぷり種付け。その後、五人の中で1番のデカ尻のビー部のケツを四人で立て続けに掘りこみ、ビー部のケツマンからは種がとめどなく垂れ流れた。その後入れ代わり立ち代わりで掘りあいし、俺も先輩とボート部に種付けされた。でもやっぱりタチるほうが楽しめるな。