発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

発展場の店員が張り型を高速で出し入れしてくれた

今から10年位前、大○区のテイ○○ンに開店直後に入店。
シャワ浣してケツワレ1枚になり、もうマンコは疼いて仕方がない。

持参したローションと18×4cmの張り型を持って喫煙室のソファに座ってアナニー開始。
5分もしないうちに全部飲み込み、トロマンからはぐちゃぐちゃとした音と堪らず喘いでしてしまった。
声に気付いたかわからないが、スタッフルームの扉の開く音がした。
見せつけてやろうと思い、ロッカールームから丸見えの位置にズレて待っていると、案の定20歳過ぎ位の短髪スタッフが。
最初はビックリしたような顔して視線を逸らし、店内を監視循環したようだ。
戻って来た時も何度もこちらをチラチラ。そのままトイレに入ったようだ。
少し股間が膨らんでいるように見えた。
(これはもしかしたらイケるかも!)
と思い、戻って来るまで少しローションを追加し、扉の音が聞こえたので股を開いて準備。
顔を覗かせたので、パックリ開いたトロマンに張り型を入れるところを見せつけてアナニ再開。

すると近づいて来て張り型を高速で出し入れしてくれた。思わず喘いでしまい、彼の股間に手を伸ばすと張り型位の大きさはあった。
ハーフスウェットを下げると想像通りのデカマラがあり、夢中でしゃぶりついた。
その間指4本でトロマン掻き回されたり、張り型の隙間から指を追加したりと相手も楽しそうだ。

1番手前の個室に移動し俺はM字開脚。彼も全裸になり、デカマラ見せつけ覆いかぶさって濃厚なディープキス。
口を離すと張り型を「ズボッ」と抜いてデカマラをいきなり奥まで挿入してくれた。
思わず「うおおぉぉーっ!」と声が出で、力が入ってしまった。
ケツが締まったのか、彼は「奥はすんげぇトロトロなのに締め付けもヤバイな」と言ってくれた。
「悪いけど時間無いから最初から飛ばしていくよ」と言うと、力強くガン掘りスタート。

もう頭の中真っ白になりながら喘いでいると、10分位で
「そろそろイクよ!奥にたっぷり出すからな。」
その直後、トロマンの奥にたっぷり種付け。
1〜2分位デマラもトロマンもヒクヒクしてた。結構な量が種付けされたのがわかる。

しばらくして彼は「ありがとう」言うと最後にキスしてくれてスタッフルームに戻っていき、自分はシャワーを浴びて、張り型も綺麗にし、種が溢れないようにもう一度挿入。
誰か来ないかしばらくいたが来ないし、ハッテン場をハシゴするつもりだったので、着替えてお店を後にした。

テキストのコピーはできません。