発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

カプセルホテルで

“元彼と出会ったのは、カプセル・ホテルでした。
は酔ってたので、全然そんなつもりもなく、ただ飲み会でもう電車がなくなってしまったので、泊まってこうと思い、チェックインしました。

ロッカールームへ行くと、先に着替えている人がいて、背が高くてガッチリした感じの人でした。
チラッと目が合ったのですが、彼もスーツのリーマン風だったので、
僕と同じように遅くなっちゃったのかな、という感じでしたが、
カッコよかったので、途端にその気がムラムラ出てきてしまいました。
僕のロッカーは奥の方だったので、着替えている彼の後ろを通ろうとすると、
いきなり後ろ手でお尻に触ってきて、僕の顔を見てニヤッとしました。
あまりに呆気なく合意が成立してしまい、
拍子抜けという感じでしたが、そういうことならと思い、
僕もスーツを脱いで、ビキニ1枚で荷物の整理をするフリをして、立ったり座ったりしてました。
彼も無地の紺のビキニ1枚で、
中に詰め物をしてるんじゃないかと思うくらい前をこんもりさせて、
やっぱりそこから立ち去ろうとしませんでした。

僕は短かめのガウンを前を留めないまま羽織り、彼に背を向けてビキニを脱ぎました。
その時、思いっきり腰を曲げて突き出して、お尻が丸出しになるようにしてみました。
僕のお尻を見た彼もブリーフを脱ぎ、全裸になりました。
ボロンと飛び出した半勃起したチンポはぶっとくて黒くて、
もうオマンコがキュンとなってしまいました。
「何号室?」と聞いてきたので、キーを見せたら、
「後で行くから」と言って、ガウンを着てタオルを持って、先に出ていきました。

暫くして僕もシャワーを浴びに行ったら、彼もまだシャワーを浴びてて、
僕は少し離れた個室に入りました。
シャワーを終えた彼が個室から出てきた時、
「こっちに来てくれるかな」と思ったけど、先に出ていってしまいました。

僕も身体を拭いて出ていくと、ロビーのようなところで彼はタバコを吸いながら、
缶コーヒーを飲んで漫画を読んでいました。
僕もジュースを買って、彼の正面(といっても離れたところ)に座りました。
彼はチラッとこっちを見て、また漫画に目を落としました。
僕はこっちを見て欲しくて、新聞を読むフリをして、
顔を隠しながら椅子の上に立て膝をして、ガウンの中が丸見えになるようにしてみました。
彼もそれを見たのか、目線は漫画に落としたまま大股開きになり、
真ん中で大きなチンポがニョッキリ勃起していました。
他には、随分離れたところで中年のおじさんがイビキをかいて寝ているだけだったので、
やりたい放題でした。
僕は、灰皿を探すフリをして、後ろのテーブルに四つん這い状態になって手を伸ばし、
ちょっと脚を開いて、思いっきりオマンコを突き出してみました。
彼は今度は完全に目線をこっちに向け、チンポを扱き始めました。
もう身体中がジンジンしてしまって、僕も立て膝のまま、
正面からオマンコが見えるくらいイスに浅く腰掛けました。
彼の目は、僕のオマンコと顔を交互に見つめてました。
「早く抱いて欲しい!」と思って、先にカプセルに行って待っていることにしました。

カプセルは2段になっている上の段で、前のブラインドを少し開けて、ちょっと横向きの俯せで、
ガウンをたくし上げ、脚を開いて、熟々になったオマンコを丸出しにして待ってました。
少しウトウトしてきちゃったところに、静かに彼が入ってきたようでした。
サッと入ってきて、直ぐに横に添い寝してくれて、
何だかずーと前から付き合っていたように、すぐに彼の胸の中へ潜り込んでしまいました。
彼は優しく抱いてくれて、ベロベロのキスをしました。
狭いカプセルでハードなセックスはできないので、
僕が彼のぶっとくて赤黒くて立派なものを頬張って、大量の子種をゴックンした後、
彼は僕を腕の中に横抱きにして、口では僕の唇と乳首を、手ではチンポを扱いてくれました。
彼が口の中で乳首を転がす度に、僕はしがみついてしまい、
「乳首が感じんのか?」と小さい声で聞かれたので頷くと、
もう失神するくらいの緩急をつけた乳首舐めでした。
僕は彼にしがみつきながらイっちゃいました。その夜は、彼の腕枕で寝ました。

普通なら、朝になったらサヨナラなんだけど、
その彼とは、お互い何も言わないまま外で待ち合わせ、
その日(土曜日でお休み)1日を一緒に過ごしました。
その日から、寝ても覚めても、一緒にいれば、ずーとセックスしっ放しで、
前の晩に酔っぱらったまま中出し、
そのまますっ裸でからみ合って寝て、朝起きたらぶっ込まれて中出し、
休みの日はどこにもいかず、ずーっと布団の中でバコバコ突っ込まれっ放しで中出し、
ちょっと寝て、また起きて、また乳首に吸い付かれて、
僕もスイッチが入ってしまって、前から後ろからのし掛かられて中出し、この繰り返し。
何度妊娠しても足りないくらい、僕の身体の中には隅から隅まで、
彼の精液で充たされちゃうのではないかと思うくらい、彼の子種を受け入れました。
彼は種馬みたいな大きな金玉を2つぶら下げていたけど、
どこで作ってるのかと思うくらい、ビュービューよく出ました。
モワーンと部屋に充満した空気が、精液と彼の体臭と2人の息のいやらしい匂いになっちゃったけど、
入れ換えるのがもったいなくて、閉め切っていました。
僕も大きな声で絶叫するくらい悶絶しまくってたので、隣の人はビックリしたと思います。”