嫁のことは愛しているが野郎のヒクヒクケツマンコに比べたら

久しぶりに早く家に帰れた昨日、嫁に「今晩どう?」と聞いたがあっさり断られたので、「ジムに行く」と嘘をついて発展場へ行った。開店直後で誰もいねぇなと思って服を脱いでたら、シャワーの扉が開いて20歳くらいのスジ筋坊主が出てきた。もうちょっと肉付きがいいのが掘りごたえがあるんだが、時間もないし目があって脈ありげだったから、俺もさっさとシャワーを浴びて迷路に行った。
迷路に入ってすぐそのスジ筋坊主が待ち構えていて、すれ違う時わざとらしく俺の太腿を触った。そのまま個室に誘い込むと、スジ筋坊主はしゃがみこんで俺のチンポをしゃぶり始めた。よだれを垂らしながらジュルジュル吸いまくるものだから、すぐにギンギン。寝転がって69しながら指をスジ筋坊主のケツマンコに入れると、かなり締まりがいい。ゼリーをつけて指がなんとか3本入るまでほぐしたら、ケツを振っておねだりしやがる。堪らず四つん這いにしてチンポを挿入。少し痛がっていたが、腰を動かすと女のような喘ぎ声でヨガる。ケツの奥に打ちつけるように深く入れると、「あ~っ」と痛苦しそうな声を上げて背を反らしてケツマンコを締め付ける。堪らない。マングリ返しにしてガンガンに掘っているとキスをねだられ、思いっきりディープキスしてやったら、ケツマンコを締めて喜んだ。かわいい。そのまま腰をピストンさせ、締め付けをやめないケツマンコの中に射精した。すると、スジ筋坊主は怪訝そうに「まさか生ですか?」いまさら聞くなよ。いつ俺がゴムはめたよ。相手が男だろうが女だろうが、生で中出し種付けじゃねーとオスの本能が満たされないだろうが。「俺病気じゃないから大丈夫だよ」となだめて、シャワーを浴びてさっさと服を着た。店を出る時、パンパンというケツを打ちつける音に合わせて、スジ筋坊主の喘ぎ声が聞こえてきた。何カマトトぶってたんだか。
飯を食べ終わって子供を寝かし付けたら、心変わりの激しい嫁が「ごめん、やっぱり今夜しようよ」と誘われ、嫁にも種付けする羽目に。1発出した後だったから遅漏気味で嫁は大満足。「今晩いつもよりすごかった」って言ってくれてありがとう。でも、お前のことは愛しているが、締まりがいい野郎のヒクヒクケツマンコに比べたら、お前のマンコやケツマンコは掘りごたえがないんだよなぁ。男の味を知るまでホモには嫌悪感しか持っていなかったが、今ではむしろノンケに「あんなに気持ちいい男のマンコにブチ込まないなんて」と憐れみしか感じない。やっぱ男のケツマンコが最高だ!