ガキ連れてプールに行ったときの話

小学生やし友達同士で適当に遊ばせ 俺は目の保養ってなワケで日焼けしながら男を観察。
俺もそこそこガタイ鍛えてるんで 通りすがりにチラ見していく奴も結構おるんよな~。
その中でガン見してくる短髪色黒スジ筋のイカニモ系兄ちゃん。俺がくちびるを意味ありげに舐めると、そいつも同じように舐めやがんの。
その途端エロエロモードに突入してチンポはギンギン ケツマンも疼きだしたんで 慌ててトイレに向かう。案の定イカニモ君もついてきて、トイレの個室に誘いこむ。
有無を言わさず水着を下ろされ、フェラもせずに粘い唾液を俺のケツマンに塗りたくり、肌の色と同じぐらい真っ黒なチンポを突っ込んできた。すでにケツ汁ダラダラやったもんで、もう奥までズボズボ。声を押し殺してタチマンで交尾しまくった。もちろん中出しで。
そいつリバらしくて抜いたあと「俺にも入れてくれ」って。ケツから垂れてきたイカニモ君のザー汁を指で拭い、それをイカニモ君のケツマンに塗りたくっていざ挿入。タチマンの体位が一番興奮する。

恥ずかしながら1分も経たんうちに果ててしまった。トイレの個室はザー汁の匂いで充満。シャワー浴びる前にお互いの体に着いたザー汁をキレイに舐め合って別れた。