カプセルホテルでパイパン露出

僕がカプセルホテルに行った話です。
ある日、会社の飲み会の後、帰るのが億劫になりカプセルに入る事に。

酔った勢いのせいか、何故か自分の恥ずかしい姿が見られたくなって、洗面所の髭剃りを持ち、トイレの個室で陰毛を全部剃っちゃったんです。
さすがに毛が無くなると、真性包茎なもんでまるで子供みたいで(笑)

緊張のまま浴場に行き脱衣所へ!
そこには、30代位のリーマン?が一人いたけど構わず全裸に。
風呂場の扉に向かう途中鏡越しに見られたけど前を隠さず、いざ引戸を開けると目の前は浴槽。そして、中には僕より少し若い?野郎が三人!
すかさず三人はお互い顔を見合わせて苦笑い。
恥ずかしさと快感で、もう心臓はバクバク!
僕は洗い場で軽くシャワーをかけ三人がいる浴槽へ前を隠さず向かった。その若い野郎達は、僕のパイパン包茎チン○をニヤつきながらずっと見てました。

僕が湯舟に浸かってから少ししてそいつらは出て行きました。でも三人共ズル剥けで、上がり際にヒソヒソと「あいつ変態?」とか聞こえてきて、もう僕のチン○はギンギンに。
それから僕は勃ったままそそくさとシャワーコーナーで体を洗い脱衣所へ。

しかし、何故か脱いだブリーフが無いんです。
仕方なくノーパンのまま浴衣を着て、オシッコもしたかったのでトイレに行きました。そしてすぐに先程脱衣所にいたリーマンが何故か僕の横に来ました。
そしたらそのリーマンが「僕って剥けないの?」っていきなり聞いてきた。突然なんで一瞬ためらったけど、ハイって答えたら「包茎興味あるからじっくり見せてよ」って言われたんで、個室に二人で入った。
そしたら、その人がガウンのポッケから僕の染み付きブリーフを差し出し、「やっぱ包茎だからこんなに染み付くんだね!」とか言い出し、僕の皮の中に指をねじ込みクチュクチュし始め、だんだん先走りで濡れてきて直ぐに出しました。
そして、僕の精子のついた彼の指を舐めさせられました。