見られ好きノンケ

普段通りの金曜日で仕事終わりにぐでんぐでんになるまで飲んで、記憶が飛び飛びなのにコンビニ寄って酎ハイ買ってしまう馬鹿な俺。
そんなこんなしながら帰宅するのが週末のならわしで、とある公園で最後の一本を飲んだら帰るかな?って思いながら、エロな気分にはなってた。

そしたら就活中の大学生風に声を掛けられた。奴もかなり出来上がってる。酔いにまかせて話が盛り上がって、エロ話になる。
若いからオナニーとか毎日だろ?って聞いたら1日3~4回だと。今の若者にしちゃなかなかな精力の持ち主。
しかも、Mで人に見られて興奮するらしく、見て欲しいって言われて、チョイ嫌な感じをだしながら仕方ないな。と言いながら了承した。
奴は大学時代アメフトやってて、モロ俺のタイプ。どんなセンズリするのか想像するだけで我慢汁溢れる位のガタイ。
しかも目の前じゃなく部屋の外から見られてるってのに興奮するらしく、マジな覗きっぽく覗かせてもらった。
初めはゆっくり徐々にツバ付けてぬちょぬちょ音と声を出しながら、ベランダに向かってイクイク言いながらションベンみたいにザーメンぶっ放してた。
こんなに興奮するの初めて見たって言ったら、週1はこんなんやってんで見に来て下さいだってよ。
それからたまに見に行てて俺の弟にしてぇけど、ただ見られて興奮するだけらしいからそれは無理らしい。どうせなら調教して従わせてぇな。