タイマッサージの先生にレイプされたい

時々利用するタイマッサージの先生にレイプされたい願望を持っています。
いつも丁寧に体の隅から隅までオイルマッサージしてくださります。
先生のマッサージは気持よくて、私のあそこは怒張し、カウパー液を垂れながします。
 
マッサージ中一番の快感は裸で四つん這いになった時のアナルの無防備感です。
もしかしたら無理やり犯されるかもしれない恐怖感と期待感が私にとって一番の快感です。
 
マッサージでほぐれた体は、先生のマッサージを貪欲に求めます。先生のマッサージが
足の指からふくらはぎ、ふともも、お尻、蟻の戸渡り、最後にアナルにたどり着く頃には、
もうどうにでもして欲しい気持ちになります。きっとアナルも先生の指が欲しくて、
別の生き物のようにピクピクおねだりしていると思います。なぜなら先生はそれを
見透かしているのか、ほぐされたアナルをやさしく指で犯してくださいます。
先生はパンツを履いたまま私を犯す真似をしてくれました、私は半分冗談で先生になら
いつでもいいですよと伝えます。半分は本気でした、先生の肉棒で火照りを鎮めて欲しかったからです。
 
結局その願望は叶わず、右手の指2本で私のアナルをピストンしながら、
左手でしごかれて果てました。シコシコされている間、先生は私の右手を
先生のパンツの中に導いてくれました。手探りで肉棒を愛撫していたら、
亀頭はカウパーでヌルヌルしていました。先生も濡れているんだと知って、
すごく嬉しかったです。しかし射精しても私のアナルはまだ欲求不満状態でした、
ケツマンコは先生の指ピストンで火照っていました。
 
射精の余韻が醒めないうちにシャワー室に行って、オイルを流しました。
もしその時に先生が裸で乱入したら喜んでひざまづき先生の肉棒を口で奉仕して、
喜んでケツマンコに受け入れるつもりでしたが残念ながらありませんでした。
最後は料金を支払い、私は名残惜しそうに部屋をでました。
今度行く事があったら、先生の肉棒をしゃぶったり、アナルを犯されたりしてみたいです。