淫乱なマンコになっちゃえよ

学生時代にすげぇ金に困って、ついに売りしちゃった時の話。
掲示板で相手さがして、とりあえず場所が一番近い人とあいました。

相手は40代半ばのイケメン兄貴。兄貴の車で相手の家に着き、壱万渡されてさっそく脱がされました。
ケツをいじられながら、「今夜は好きにさせろよな」と囁かれました。しばらく弄ばれてる内に体がそわそわしてきました。
兄貴は「きいてきたか?」とキスしてきました。ゴメを仕込まれたみたいです。前から興味はあったものの、初めてだったので少し怖くなりました。
しかしその気持ちとは裏腹にどこ触られても気持ちよくて、気持ちいいならなんでもしたくなりました。

「ほら、しゃぶれよ」と目の前に出された兄貴のチンポはすごくでかくて、軽く20cmくらいはありました。チロチロしゃぶっていると、僕の頭をガンガン振ってきました。普段は苦しいはずなのに、ゴメのせいで、それすら感じます。

僕は体をひょいと持ち上げられ、ベッドに仰向けに寝かされました。「ゴムはつけて下さい」とお願いしたのですが、兄貴は「生じゃねーと感じねーよ」とそのままじわじわ入ってきました。兄貴のデカいチンポでケツが広がっていきます。痛みは全くなく、奥を突かれるたびに快感が走りました。その頃にはもう生であることも忘れていました。
体を起こされ、下から突き上げられながら乳首を舐められ、興奮度はますます高まります。そのまま兄貴は横になりました。「自分で気持ちいいとこに当ててごらん」兄貴は頭の下に手を組んでただ眺めています。
僕は自分で腰を動かして気持ちいいところを探りましたが、もうどこに当たっても気持ちよくて、マジでおかしくなりそうでした。

「ちょっとごめん」と兄貴が部屋を出て行きました。のどが渇いて水を飲みに行ったようです。その間僕はケツに何かがないとそわそわしちゃって、近くに転がっていたバイブを突っ込みました。
しかし兄貴のチンポより数段短く細いので満足できません。兄貴が戻ってきて、僕がバイブを突っ込んでいる姿を見られました。「ほんとエッチな子だな」「また定期的にやらせろよ」と言ってきます。

そんなことより今は兄貴のチンポが欲しくて、自分からケツを向けておねだりしちゃいました。四つん這いになると兄貴はゆっくり入ってきました。僕のケツはもうガバガバになってて、兄貴のをすんなり受け入れてしまいました。後ろから突かれながら乳首を強くつねられ、僕はただただ「そこ気持ちいい!」「もっと!」と叫んでいました。兄貴は兄貴で「俺も気持ちいいー」「大っきいチンポが好きなんだろ」「淫乱なマンコになっちゃえよ」と言葉責めしてきます。

「そろそろいくぜ!」と言い、僕の中に兄貴の精液がたっぷりそそぎ込まれました。兄貴は満足したようでしたが、いってない僕はなんだか悶々としていました。それを察したのか兄貴が今度はバイブを突っ込んできました。しかしなんだか物足りません。僕の反応がイマイチだったのか兄貴は他のハリガタも持ってきて、ケツで二本飲み込んじゃいました。
そうこうしているうちに兄貴のが復活して、一つのバイブは入れたままに兄貴のが入ってきました。「もうガバガバだよ」「何でも入るマンコだ」そう言われてる内に体が熱くなってきていきそうになりました。「いきそう!」そう伝えると「そのままいけっ!」と言われいってしまいました。しかし出たのは精液とオシッコが混ざったようなもので、オシッコみたいに出続けて自分の口や顔にかかってしまいました。兄貴が体中を拭いてくれて「君みたいなエロい子は久しぶりだよ、またよろしくな」と言い、僕は帰りました。

家に帰るとすごい脱力感と罪悪感。売りをしたことをすげぇ後悔して寝付けませんでした。ゴメは気持ちいいからまたしてみたいけど、売りはもう二度としたくなくなりました。