漁港の仮眠室

漁港の近くに1000円で泊まれる仮眠室がある
船に乗らないがその空間が好きなのでたまに泊まりに行く
風呂は無くシャワーと3人は入れるボックスサウナだけだ
外国の方や島を行き来する人が止まって利用している
仮眠室と言ってもシャワーサウナブースとロッカーと仮眠室は全部繋がっており
仮眠スペースにはマットが固定してズラッと並んでるだけで布団等はない
室温はかなり暖かく設定されてるので逆に入らない
仮眠スペースの方は天井に電気が付いてるのではないので若干薄暗い位だが本屋雑誌も十分読める
タオルだけは貸し出ししているのでパンツ位は履く人もいるが短いタオルだけ巻いて寝てる人やスッポンポンの人も多くいる
シャワーブースは少し段が下がった所で仮眠室からは丸見えでカーテンも無いので寝ながら眺めたければずっと見てられる
俺も行くと受付の親父にお金を払いドアを開けて貰うと直ぐにロッカーの仕切りがあり取り敢えずそこで荷物と服はすっぽんぽんになり洗い物カゴに入れて親父に声をかけると500円で洗濯乾燥してくれる
スッポンポンのままシャワーブースに行き体を洗う
時折人の視線がするが気にせずチンポを晒す
一回だけボックスサウナに入るがなかなか汗が出やすく直ぐに逆上せてしまう
シャワーで汗を流しタオルで拭き仮眠室スペースに行く
何人かはフルチンで横になっている俺もそのまま空いてる所をチンポ揺らしながら探す
毛深い外人と普通の日本人の親父の間を見つけて横になる
疲れていたのか直ぐに寝てしまったが気がつくとチンポが勃起しており毛深い外人が俺のチンポを手で優しくさすっていた
俺は腕を頭の後ろで組んでそのままやらせていた
シャワーブースや周りから見られるが気にしない
しかしここのルールとして出す時は誰かの口の中で出して飲んで貰うことになっている
俺もだんだん近くなって来た事を外人とキスしながらなんと無く伝えると咥えてきたので中で出してやった