子供の頃の露出体験

自分は小学生の頃は風呂あがりに全裸で布団にもぐって快感を感じてましたが
後から考えると露出癖の兆候だったのですね。
中学生の頃には深夜に全裸にバスタオル1枚を巻いて家を抜け出して、裏路地
でタオルもとって素っ裸で歩き回って開放感にハマってました。
もちろん通行人に見られた事はないですけど。

記憶をたどると、始めの露出は小学高学年~中学生に上がったくらいかな。
日が落ちだしてから、家の周辺を自転車で散策し、
徒歩や自転車で帰宅中のサラリーマン、犬の散歩中のオジサンを見つけると、
自転車で少し先回りして、通り過ぎざまにズボンとパンツを足首まで下げて、
勃起チンコ見せてた。

一度、オジサンの目の前で下を脱いで、上もたくし上げて見せつけたら、
数秒間マジマジと見たあとに、「コラ何してる!どこの学校や?!」と怒鳴られたので、
バツゲームで遠くで友達が待っている風を装って、逃げたこともあった。
今思うと、近所で知り合いに見つかりそうなものなのに、よくやってたなぁと思います。