ラリってる俺は、ただ種のことしか考えられなくて

「乱交部屋行こうぜ」と俺を抱き上げ、横の大部屋に移動した。
俺はもうフラフラ、ふわふわ。
そんな時に俺たちについて来た奴に鼻にラッシュ宛がわれて、ケツとチンコが更に疼く。
「俺のデカマラ欲しいすか?」と、若い子が意地悪くケツの入り口をチンコで突っつく。
俺は奴のチンコ握って、自分から入れようとしたが、
奴は腰引いて入れようとはしてくれず、「ダメだよ、ゴムしてねぇもん」って焦らす。

痺れを切らした俺は、また奴のガチガチチンコしゃぶり始めた。
するとラッシュ嗅がせてきた奴が、俺のケツを指でグチュグチュしてる。
「メールした奴だろ? 俺、来るまで待てなかったか。
 淫乱だな、ホント」って、笑いながらかき回す。
俺はチンコ咥えてたから、返事もできず、ただ呻くのみ。
そうこうしてたら、後ろから「生チン入れるぜ」と、ゆっくりチンコぶちこまれた。
で、でけぇ…。若いコと同じくらいのデカさ。
ずずず…と入ってくるナマの感触に、まず1回目のトコロテン。
「うぉぉぉ」チンコで塞がれた俺の口から呻き声と涎が漏れる。
その内、後ろからピストンがゆっくり始まって、
段々スピードが上がって、ケツ広げるようにグルグルかき回してる。
すんげぇー快感。
若いコも、「おおぉ、すげぇ気持ちいい」って俺の頭ホールドして、
俺のクチマン堪能しながら乳首摘んで、俺に更に刺激を加えて、
その度にケツが締まるのか、後ろでも、
「あーたまんねぇ、むっちゃ気持ちいーよ、お前のマンコ」って激しくケツ突かれてる。
段々後ろの奴がピストン速めて、「種付けしていいか?」て聞いてくる。
俺は答えられないので、ケツ締めて返事の代わりに。
すると奴は「ぅおお、気持ちいいぜ、あーすっげ」とガツガツ打ちつけ、
「あ、やべ、イクっ!! おーーーーーーっ」と奥のほうに種ドクドク付けた。
すんげぇ感じた。2回目のトコロテン。
若いのが「すげぇ。種付けかよ」と興奮した感じで俺のクチ犯してる。

ふぅ~っと後ろの奴が一息ついて、ケツからチンコ抜いて、
「お前も試してみろよ。最高だぜ、こいつの種マン」て若いのに言ってる。
若いのは、最初の態度と明らかに変わって、入れたくて仕方ねえ感じ。
クチからチンコ、ジュポンッて抜くと、俺を正常位にして、
ナマのままチンコ宛がって、そのままズブズブぶち込んできた。
「あああー、すんげぇー」って俺が堪らず声出すと、
「気持ちいいんか?
 チンコぶち込まれて、涎垂らして喘いでんじゃん、変態」て言いつつ、
キスして、すげぇ勢いでケツ掘ってくる。
「あ、あ、あああ、す、すんげぇ」
種でべチョべチョぐちょぐちょ音してるのがわかって、
ラリってる俺は、ただ種のことしか考えられなくて。
最初に掘ってた奴が、またラッシュを俺に宛がって、
「落ちちまえよ」って耳元で囁いてる。
一気にぶっ飛んで、ケツ締めて喘ぎ続けて、自分からケツ振ってた。
「ヤバいっす、そろそろイキそう」って汗びちょびちょの若いコが言うが、
お構いなしに俺は自分からケツ振った。
「やべぇ、マジ種付けちゃいますよ」と腰引き気味だったが、
「お前の種くれよー!」と俺が言うと、
覚悟決めたのか、
「おーっし、行くぜ。たっぷり飲めよー」とガツガツ打ちつけてきて、
「おー、イクイクイク!!!」と俺の腰引き付けて、
思いっきり種付けた。3回目のトコロテン。
2人から交互にキスされた。
若い子は、「病み付きになりそうっすね」と恥ずかしそうに笑ってた。
フラフラになりながらシャワー浴びて、次の種貰いに行こうとすると、
若い子が「まだできますか?」と、俺の腕掴んで個室へ。
そのまま奴にナマで2回犯されて、中出し。若いと起ちが違うよ(笑)