発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

先輩二人に乳首を責められて

僕はオナるときにいつも乳首をいじってます。
そのためか、乳首の粒がおっきくなって、
ちょっと人に見られるのが恥ずかしいです。

サークルの合宿で、先輩達と温泉に入った時でした。
二人の先輩と温泉に入って、僕たちのほかに客はいませんでした。

風呂の縁に座って身体を冷ましてたら隣に田中先輩が来て、いきなり「お前、乳首でいつも遊んでんだろ?」って、ぼくの乳首をつまんできました。
田中先輩は面白がって、僕の乳首をいじってきます。

んっ…て声を漏らして、前屈みになってこらえてたけど、腰に巻いたタオルのなかで僕のあそこは勃起してテントを作ってました。

おまえ、変態だなぁ~って、田中先輩はさらに乳首をつねったりしてきます。

のけぞってもだえてたら、もう一人の佐々木先輩もきて、いやらしいなぁって、佐々木先輩も僕の乳首をつまんで弄んできました。

僕は二人から乳首を責められ、しかもはじめて他人の手で乳首を責められ、身体が火照って喘ぎまくりでした。
そしたら、二人の先輩が、僕の乳首を吸ってきました!

吸われたり、舐められたり、噛まれたりされて、二人同時に両乳首を責められて、
もう頭が真っ白で狂いまくりなのに、さらに田中先輩が僕の腰タオルを剥ぎ取って、

手こきされて喘ぎまくる僕を、背後から佐々木先輩から両乳首をまさぐられ、
前からは田中先輩から、フェラされました。

二人の先輩は、ゲイで付き合ってる噂があったけど、
それは本当で、二人ともあそこが勃起してて…

そのあと二人の部屋に連れ込まれ、
乳首とチンポとアナルを責められ、
早漏ぎみの僕は五回も射精させられました。

それから、二人に回されてます。
乳首もさらに開発されて、服の上から触られただけで、すぐに勃起して我慢汁でパンツをベトベトに濡らしてしまう身体になってしまいました。

テキストのコピーはできません。