筋肉ガッチリ住職と種付け合い

俺は週四回筋トレやってる六尺好き175*71*30のリバ坊主。
ある日ムラムラしていたんで掲示板で六尺好き淫乱筋肉野郎を探していたら17?*6?*41の六尺好き坊主からレスがあり、場所ありだっていうから出掛けたら隣町の寺だった。
投稿の主はそこに一人暮ししている住職で衣の上からも見て判る筋肉質。日焼けしていてつるつるに剃り上げた頭が俺のモロタイプ。学生時代は水球やっていて今は筋トレでプロポーションを維持しているらしい。
参拝客もほとんどない田舎の寺だから本堂でサカリ狂おうとなって早速二人とも⑤と勃起薬でキメてRを用意して六尺一丁で絡み始めたお互いパンプアップした肉体と六尺の膨らみが擦れて気持ちイイ!
住職は俺の乳首を吸ってくれてRを嗅がせてくれ俺は有頂天!お返しに住職の葡萄のような肥大したエロい乳首を舌で転がすと住職は身をよじって悶え捲くった。
俺は堪らなくなり住職の六尺の前袋をずらして口に入り切らないどす黒いデカマラをくわえ込む!住職も態勢を変えて俺のガチガチマラをくわえ込込んで舌を肉棒の裏側に這わせる。
住職は俺の熱くなったケツ穴にオイルをまぶした指を挿入し愛撫する。俺は住職の爛れた肉襞に舌を這わせて嘗め上げた。
住職は堪らず四つん這いになりエロケツを突き上げ挿入をせがむので俺は生チンを差し込む!熱い気持ちイイ!タマンネエ!
住職の使い込んだ肉襞が絡み付き俺のガチガチの肉棒を締め上げる。「ダメだ!イッちまう!」「種付けて!」一発目を住職の猥らな穴の中に注入!態勢を変えて今度は俺の疼きまくっているケツマンコに住職のデカマラが正常位で突き刺さる。
「ああ!締まる!凄く締まるよ!」住職は夢中で肉棒を突き入れる俺は余りの快感に半開きの口からヨダレを垂らしながら腰を振る。
「ああ!出そうだ!堪らん!」「種下さい!」住職は「まだまだこの淫らな穴を味あわせてくれ!」俺は「俺も本当の僧侶に犯されていると思うとそれだけでまたイッちまいそうっす」「一緒にイこう!」
俺は「ああ!もうダメす!」住職は「私も出てしまう!」「アアッ!」「ウオッ!」俺は六尺の中にトコロテン!住職の生種が俺の体内に注ぎ込まれ俺は悶えながら住職の逞しい身体に必死でしがみつき、住職は無我夢中で俺を押さえ込む。それだけで色に狂った二人は満足出来る筈もなく、5を追加し六尺締めたままお互いのケツマンコにローターを挿入しR爆吸いで互いの肉棒をしゃぶり合い乳首を吸い合った。
互いにケツをくねらせながらお互いのケツマンコの味が染み付いた肉棒をこころゆくまで味わい、こってりした精液を互いに飲み合いまだ物足りない俺達はもう一度ケツを掘り合い、種を付け合った。また次の休みもサカリ狂う予定だ。