入れ墨ノンケパパ

とある銭湯での話。
時間早かったせいか俺しかおらず、貸し切り状態極楽気分で湯槽に浸かってた。しばらくしたら20代後半位の入れ墨お父さんと小学校低学年位の子が入ってきた。
俺がサウナに入ったその後すぐ、その人は湯槽に子供を残してサウナに入ってきた。その人に話し掛けて入れ墨すごいっすねぇっとか話してた。

入れ墨触ってみていいっすか?ってきいたら触らせてくれた。背中とか肩胸太股内股って触って見てたらその人勃起しだした。
奥さんが妊娠中でしばらく抜いてなかったらしく、俺が微妙なところ触ってたから反応してしまったらしい。よかったら抜きましょうか?って冗談まじりに言った。
驚いた感じだったんで冗談っすよって笑って返したら子供洗ってくるって出ていった。俺はその人の赤太いそそり勃ったのを思いだしたら透明の汁が溢れだしてきた。
子供を洗い終えると脱衣所にあがらせ、湯槽にいた俺の横にきて恥ずかしそうにお願いしていいか?って言ってきた。驚きとやったーって気持ちでいいっすよって答えた。

入り口から死角になる湯槽のフチにその人を座らせ夢中でしゃぶった。気持ちよさそうに吐息をまじりにあえいでた。かなり興奮してたのでアナル舐めたらびくびくと体仰け反らせてたので指入れてみたらさすがに痛かったみたいでやめた。
ケツ掘ってもらえますか?っていったらその人はどうやったらいい?って聞いてきたので、穴舐めて指いれてゆっくりほぐして下さいってお願いした。
俺を後ろ向けに立たせると女の人のを舐めるように俺のアナルをいやらしく音たてながら舐めてくれた。興奮のあまり俺は自分で扱いてたら俺の手をのけ扱いてくれた。
アナルがぐちょってくると指を一本また一本と三本まで入れてほぐしてくれてゴムなしでもいいか?って聞いてくきたので俺は頷いた。

堅くて太いのが俺の中に入ってきた。あまりにもの太さに激痛がはしったがお構いなしにぐいぐい入ってきた。最初はやさしくピストンされしだいに激しく突かれた。
あまりにもの気持ちよさに失神しそうになり初めてトコロテンを経験した。その人は俺のを扱きもう一度いった後俺のケツから抜き俺の顔めがけていくって顔射した。
濃くて熱い大量のザーメンだったびくついた太いのをくわえ残っているのを絞り出し舐めた。ぐったり湯槽に浸かりこみ、ありがとうすげー気持ち良かったって言ってくれた。

あまりにもの気持ちよさに金は無理やけど何か礼したいって言ってくれたので今日履いてたパンツ下さいって言った。
一緒に脱衣所に上がりその人は俺の脱衣籠にパンツと何かメモを入れて待ちくたびれた子供つれて帰っていったメモにはありがとう又やりたいってメアドと書かれてた。
奥さんが出産終わった今もたまにやってます。