発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

バリタチだと思ってた彼氏が

俺と兄貴は付き合いから3年目になるが、つい最近、兄貴の秘密を知ってしまった。

俺たちは付き合ってるが浮気は公認で、タチの兄貴がセックスフレンドを家につれ来るのはいつものこと。

その日は俺が田舎に帰り、一日早く帰ってビックリさせるつもりで自分の部屋で隠れていたら、駐車場に兄貴の車が入ってきた。

車にはもう1人乗ってる。
車からはいかにも系のかなりゴッツイ野郎が降りて来た。

今日も持ち帰りかと思いながら、俺はスケベ心で、隠れてのぞきしちゃうことにした。

結構カッコいい奴で、2人きりの兄貴にジェラシーを感じながらも、のぞき趣味のある俺はマラが濡れてきた。

部屋で隠れてたら、風呂から声が聞こえてくる。身体のデカい2人で風呂に入ってる。
俺が2人で入ろうと言っても2人じゃ狭いとか言うくせに。ジェラシーが増す俺。

風呂から出た2人はすぐに事が始まり、リビングから野郎の交尾の呻きが聞こえてくる。
リビングで筋肉隆々な野郎が重なって腰を振ってる。

凄く興奮して俺もマラビンビンに。
しかし俺は目を疑った。

ケツを掘ってる奴は兄貴じゃない?ごっついデカい奴?
バリタチと言ってる野郎臭い兄貴が、四つんばいでマンコ突かれ男泣してる。

ケツの音がいやらしく、グチャグチャ聞こえることで、かなりケツを使いこんでることがわかる。

兄貴は俺に見られていることを知らずに、恥じらいもなくあんあんと女みたいな声を出す。

奴はイきそうになると腰が速くなって、野郎臭く雄叫びを上げる。
奴がケツからチンポを抜き、ゴムを外すと、兄貴はゴムの中の種汁の多さにビックリしてる。
兄貴は奴のまだ雄種が付いたマラを喰わえ、ケツを振り、2度目の交尾をせがむ。

奴は兄貴のデカい尻を撫で上げ、「入れてやろうか?」と聞く。
兄貴は「入れて、入れて」とケツを振り、2回目の交尾が始まる。

兄貴はソファーに身体預け、正常位になり、奴にマンコ穴を出す。
自分からケツにハメやすく腰を浮かし足を抱え、種付けてくれと言い、奴はデカマラを一気にハメる。兄貴も身体をのけ反り、デカマラに感じる。

「俺のマンコ女になるかと」聞かれ、兄貴は首を縦に振る。
兄貴は「当たる。当たる」を連発し、 奴のデカイ尻に手を回し、ケツタブをなで回し、女がマンコやられてるみたいだった。

奴と完全に重なりキスしながらケツハメられて、兄貴は奴を抱きしめて、俺との時より濃厚で甘いセックスに見えたのも、兄貴は俺以上に相当なマンコ野郎だからだと思う。

突然、奴がウォーと叫び、声がデカくなり、より腰遣いが増す。
2人のデカ尻がパンパン音をたてる。
奴に種付けされてる兄貴。 野郎泣きから変わって、女みてーに泣いてる。

奴が顔を近づけると、奴の口に吸い付き、 ずーとキスをくり返し、
奴に腕まくらで甘えてる兄貴がホントの兄貴?

テキストのコピーはできません。