発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

公園で出会ったおじさん

僕は今、18才の学生です。
初体験は小学6年の時でした。
近所の公園で用を足そうと公衆トイレに入ると、となりに45歳くらいの太ったおじさんがいました。

そのおじさんは、チンポビンビンに勃起させてしごいていたので、気になってチラチラと見ていると「1万円あげるから、キミの裸みせてくれない」と声をかけられました。

お金の誘惑と、当時オナニーも覚えはじめでちょっと興味があったので、うなづきました。
すると、おじさんが僕の後ろにまわり、ズボンとパンツを足首のところまでさげられ、お尻丸出しの状態にされ、お尻をなでるように触られました。

そして、Tシャツも首のところまであげられ、小便器の前で半裸状態ににされ、個室につれ込まれました。
個室の中で服を全部脱がされ、おじさんはビンビンのチンポを僕のチンポにおしつけてきました。
すると、僕のチンポも少しだけ硬くなり、フェラをしてきました。

あまりのキモチよさに、すぐにいきそうになってしまいましたが、おじさんも、イク寸前でしゃぶるのをやめては、又しゃぶるという感じでしゃぶってくれて、僕のチンポもビンビンになりました。

そして、キスをしてきたので受け入れました。
おじさんに再びフェラをされ、そのままイキそうになると、「出していいよ」というので、そのまま、オジサンの口の中に発射してしまいました。
おじさんは、そのまま飲んでくれたようでした。

その後、おじさんのチンポもしゃぶるように頼まれたので、しゃぶりました。
しゃぶっている最中におじさんが頭をおさえつけてきて、そのまま僕の口の中に精液を発射しました。
さっき飲んでくれたので、そういうものだと思い、僕もそのまま飲み込みました。
最後に、またこの時間においでといわれ、そのおじさんとは中学を卒業するくらいまで、会っていろんなことを体験しました。

おじさんとは最初のうちは公衆トイレで会ってましたが、そのうちおじさんの家に遊びに行くようになりました。
家に遊びに行くと、必ずセックスして2,3回はいつもいかせてもらっていました。
おじさんのチンポをフェラするのも好きになったので、フェラでいかせてあげて、いつも精液を飲んでました。

中学生になった頃に、「写真を撮らせてほしい」と頼まれて、それから定期的に写真を撮ってもらうようになりました。

いつも、僕が服を一枚ずつ脱いでゆき、全裸になり、撮られてると僕も興奮してきて勃起してきて、オナニーして発射するところを撮られてました。
その後は、もちろんたっぷりエッチしました。

野外でも撮影しました。
朝5時位の早朝に公園に行って、公園のどまんなかで全裸にされて、公園の遊具で遊んでるところや、ランニングや縄跳びしているところを撮られたり、その後は芝生やベンチでエッチなポーズをとらされました。

お互いすごく興奮して、ベンチでお互いにフェラして、最後は精液を飲みあいました。
このときは1時間くらい、ずっと全裸の状態で公園にいました。写真を撮られるようになってから、見られたり、見られそうなところでエッチするのに異常に興奮を覚えるようになりました。

テキストのコピーはできません。