軽い気持ちで入ったマッサージ店で

たまたま入った都内某所の普通のマッサージ治療院でのことです。
疲れから体に張りがあったのでマッサージでもと、軽い気持ちで入りました。先客はおらず、今すぐいいですよと優しい感じの先生が招き入れてくれました。

症状を伝えると、Tシャツとパンツになれますかと聞かれたので、なんの疑いもなく従いベッドにうつ伏せになりました。早速マッサージが始まり、肩、背中、腰、足とマッサージされ先生の手が足の付け根を揉み始め、えっ?と思ったのですが黙っていると、その手はだんだんアナルの周りを揉み始め、僕は反応してしまい、先生はそれを確認したかのように、仰向けを指示。そしてパンツごしに勃起を確認すると、男経験は?やってみるか?とチンポを触りながら尋ねてきた。

僕は男とのセックスという禁断の世界に興奮し、頷いた。すると先生は僕を全裸にさせ、乳首を舐めそして僕の目を見ながらチンポを舐め始めた。男が僕のチンポを舐めている光景に頭が真っ白になり、気がつけば先生の太いチンポを僕は夢中でしゃぶり、アナルにローションを塗られていた。この後起こることはすぐに想像できた。アナルに指を入れられ、ほぐされ、イかせてやるからなと先生はゴムを取り出し、太マラに僕の顔の前で被せ、ローションをたっぷりつけると、僕の足の間に割って入り、アナルに押し付けてきた。

力を抜けと言われた瞬間、痛みとともにアナルにチンポが挿入された。痛みで腰をひいたががっちりと抑えこまれ、すぐによくなるから我慢しろと言われた。しばらくすると痛みが麻痺し、変わりにすごい快感が体を走った。自分から腰を動かした。先生はゆっくり抜き差しを始め、そのスピードを上げ、最後は腰を打ちつけるように激しく僕のアナルを犯した。アナルを突かれながら僕のチンポはギンギンに固くなり、次の瞬間チンポの奥の方から熱いものが込み上げてくるものすごい快感におそわれ、声をあげると同時に僕のチンポからすごい大量の精液が発射された。その発射はしばらく続いた。ありえない量の精液が出た。声が止まらない。先生はなおも激しく腰を振り、いくぞ、口を開けろと言うと、アナルからチンポを抜きゴムを外し、僕の口に向かって精液を発射した。僕は夢中で先生の精液を口に受け、放心状態に。飲めるか?と先生に聞かれ、頷きながら飲み干した。そしてさらにチンポを口できれいにしろと言われ、くわえさせられた。

先生から、料金いいからまた来いと言われました。