発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

クラスメートにオナニーを教えてもらった

中学の時が初めて、というお話が多いのですが、私も中学2年の時でした。
当時、オクテだった私は、クラスの大半の男子が「オナニー」なるものを経験していた時期に、まだ何も知らずにいました。
勃起することはあっても、勃起したちんぽをどうすればいいかが分からなかったですし、そういった事を開けっぴろげに聞ける友人もいませんでした。

そんなある日、映画好きで友達になったクラスメイトの家に遊びに行った時、彼の部屋で映画雑誌を読んでいると、おもむろに背後から私の股間を触ってくる彼がいました。
何をしているの?とは思いましたが、それこそ何の知識もない状態なので暫くなすがままにされていました。
そうすると、当然ですが勃起してきました。その勃起したちんぽを彼はGパンをずらすとブリーフごと扱きだしました。
なんだか、すごくいい気持になってきた瞬間、私は射精してしまったのです。
射精自体知らない私は、てっきりオシッコを漏らした、と思ってしまったのですがパンツの中には見たことのない白い液体がべっとり。
何かの膿が出たかと、私がドギマギしていると、彼にこれがザーメンであること、いましたことがオナニーだと教わりました。
その日は、それで家に帰ったのですが、自宅でもう一度自分のちんぽを扱いて自分の手で射精するに至って、やっとオナニーの意味が理解出来ました。

数日後、また彼の家に行くと、彼が同じ行為をしてきたので、そのまま手コキで射精してもらうと、今度は彼も出したい!ということになり、私も彼のを扱くのかな?と思ったのですが、彼は私に裸になるように言ってきました。
すでに、ちょっと秘密を共有している事もあり、私が裸になると、彼が抱きついてきました。そして、うつぶせになった私を背後から抱きしめ私の素股で射精したのでした。
その日から、2~3日に一度は、学校で「今日、来ない?」と誘われるようになり、私も言われるがまま彼の家に行き、行けば必ずオナニーする、というパターンが出来ました。
私の射精は100%彼の手コキだったのですが、まず私が射精させてもらったら彼が色々な方法で私を責めるようになりました。
最初はキスでした。中学生ですから女子とのキスもしたことがないから相手が男といえ唇同士が触れるだけでドキドキして興奮したものです。
そのうちに彼のちんぽも舐めさせられました。不思議と嫌悪感は無かったです。
さすがに口内発射はされませんでしたが、私の腹の上に射精したザーメンを指ですくって舐めさせられたことはありました。ちょっと青臭くて不味かったです。

そんな関係が中学卒業まで続き、幸せか不幸か、アナルを犯されるまではいかなかったのですが、それでも十分ホモ行為にどっぷり浸かった中学時代でした。

その後、高校生になり、大学生になり、社会人になり、自分ではノンケのつもりで女性と付き合ったのですが、初めての射精から2年近く、私の射精はほとんど彼の手コキだったこともあり、私自身が何事に対しても受け身になってしまい、どうしても女性をリード出来なくて、上手く付き合う事ができませんでした。
で、そうなる度に、彼と遊んでいたことを思い出すようになり、自然にゲイサイトをみたりするようになるうちに、ゲイバーやゲイサウナに出入りするようになりました。

相手が男の人になると、肩の力が抜け。自分でも不思議なくらい気楽に喋れることに気が付きました。
そうやって、ゲイの世界に足を踏み入れてから、1か月もしないうちにアナルを捧げることになり、以来ずっとウケとして生きています。

テキストのコピーはできません。