露出オナニーのツケ

某田舎街にすんでる171-60-27。
最近の俺の楽しみは近くにある公衆便所でズボンとケツワレ足首までズリ下げて便器から離れてパイパンのガッチガチに勃起したリングマラを見せ付けながらラッシュ爆吸いでノンケに見せつけながら淫乱オナニーすること。

駅の近くにある公衆便所なもんで、終電間際のリーマンを狙ってオナニーしに行く。見て見ぬフリしながら、そそくさとションベンしてく中年リーマンもいれば、高校くらいのガキは俺の淫乱オナニーみてチンポおったててやがるw俺も調子乗ってケツにオイル仕込んでそのまま鞄に入れてあったハリガタケツにぶっこみ、ガキが見てる前でLサイズのハリガタ出し入れを見せてやる。ガキがコッチみて固まってる、そういう姿見ながらザーメンぶっ放す瞬間はサイコーに感じる。 教育に悪りーなwなんて思いながら、業務終了。

そんなコトやってる俺にツケが回ってきたのか、この間2人に廻された。
その日も終電終わるころズボンズリ下げてケツワレ、パイパンリングビンビンにして誰かくるのを待ちながらシコシコやってると、便所に入ってくる足跡が近づいてきた。
相手が入ってきて、まず正面にオレのケツが見えるような位置だからオレの足首までズリ下げたズボンとケツワレの線が見えると、まず目を疑う。その瞬間を背中で感じるのが好きだ。
一瞬足跡が後ろで止まったかと思うと、俺の横の便器にピッタリ付いてきた。 んで、ションベンするのかと思ったら、ビンビンにおったてたマラ見せつけてきやがる。ソイツは作業着着たガチムチの親父。ソッチがやる気ならオレも望むところ。チンポガッチガチにして、ケツワレもズリ下げパイパンリングチンポ丸出しで思いっきり見せ付けてやった。
ラッシュを一吸いして、ケツにオイル塗っていつものようにハリガタショー。 ガチムチ親父も興奮しやがってハリガタ動かしてきた。指で遊んだりしながら楽しんでやがる。
「いっつもこんなことしとんのか」 「あぁ・・・」 「ケツ利くんやろ」いきなりガチムチ親父はハリガタズルっと抜いてオレのケツにぶっといマラつっこんできやがった。もちろんナマ。「お、おい、生は・・・」 オレの言うこともお構いなしでピストンするから、ちょっとオレはムカついて抜こうとした。その時、親父にラッシュ吸わされてそっから、気が抜けた感じになってケツもトロトロになった。しまった、指で遊ばれたときドラ仕込まれたかもっ。 気づいた時にはもう遅い、オレは気持ちよさでブっ飛んでた。
しばらく掘られてた気がしたその時、また外から人の足音が。ヤベー・・・!
でも親父はやめる気はないらしく、ガンガンに掘ってる。「おう、やっとるな」「来たか、サイコーやでこのトロマン」 親父は今来たヤツと話してる。どうやら親父が知り合いを呼んだらしい。ソイツも茶髪ではあるが、親父くらいの年。体系は痩せ気味でオレは絶対イけねータイプ。「ほれ、一発目出すぞ」親父のケツ掘るスピードが上がってきた「ちょ・・・やめ・・・」「うっせーよ」普段セーフのオレは、逃げようとしたけど今来た茶髪に体抑えられて・・・次の瞬間には、ケツに入ってるチンポがビクッビクッと脈打った。「あぁーー!!種付けされた・・!!!」オレはかなりビビって、親父がチンポケツから引き抜いた瞬間リキんでケツの中のザーメンをブリブリッと出した。

「何しとんじゃ、もったいない事しやがって」「オラ、舐めろ」急に親父の口調が乱暴になったと思ったら、髪の毛掴まれてさっき抜いたばっかの親父のチンポ咥えさせられる。ザーメンとオレのマン汁のなんともいえない臭いに嗚咽を堪え、しゃぶる。「ほれ、交代じゃ」 ラッシュ追加されて今度は茶髪がオレのケツを掘る。
「オメコ気持ちえーか、この変態が」「あぁ・・・」オレは声にならない。ケツタブをパンパン叩かれながら茶髪も平気でオレのケツの中でイく。
「おい、種出すなよ」イった後、ケツにチンポ挿したまま茶髪が言い、「種壺に仕込んだるからな」と茶髪のチンポを抜いた瞬間ハリガタ突っ込んできた。タオルで目隠しされ、ケツワレに染み込ませたラッシュ口に咥えさせられ、中腰のままハリガタをズッコズッコピストンされる。さすがにオレもケツがつらくなってきて、「もうムリっす」と言うものの、親父は止めてくれない。
誰かが便所に入ってきても「おい兄ちゃんみてみぃ、この変態。男にもマンコあるんやで~ 試してみるか?」なんて言いながらハリガタ動かしてオレを見世物にしてる。 さすがにそんな通行人はこんなの見て逃げてったけど、そんなのが延々1時間くらい続いた。
んでまた回復してきたのか、親父と茶髪が1発づつ種付け、オレもたまらずトコロテンしてしまった。

最後に一発ケツタブに蹴り入れられ、倒れこんだオレに「こんなトコでふざけた事やっとるからこんな目にあうんじゃ、覚えとけ」って捨て台詞はかれて帰ってった。
2人が帰ってからケツの中に入ってたザーメンを手で受け止め、チンポに塗ってオナニーした。 
こんな目にあうんだったら、毎日でも露出オナニーしてやるぜ。って生の味を占めて今じゃ全然懲りてないオレ。