発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

銭湯でノンケぶって

僕はよく、風呂屋さんに行きます。
行く理由はいうまでもなく、チンコ鑑賞。
たいていは年配のおじさんが多いのですが、たまに大学生や高校生、若いリーマン、ヤンキー坊主が来ます。
タイプの人に限って前をタオルで隠していてなかなか拝見できませんが、僕はアソコを勃起させないようにしています。

そんなある日、いつものようにお風呂さんに行きました。
僕はたいていゆっくりサウナなど入ります。

その日は出会い系の掲示板にメッセージを入れてました。
深夜1時。お客さんも途切れ僕一人になり、もう出ようかと準備していたら、一人のおじさんが来ました。
態度がちょっと風呂に入りに来たというより、誰か獲物を狙ってる感じがしました。

おじさんはいきなりサウナに。僕も白々しくサウナへ。
扉を開けると、いきなりびんびんに勃起したチンポが見えた。
僕はびっくりしたが、知らない振りをして、椅子に座った。
おじさんは、サウナ室の扉の窓から風呂場の状況を確認して、誰もいない事を確認したら、いきなり大胆に僕の方を見て、シゴキ始めた。
僕はドキドキしながらもノンケぶり、逃げようとすると、ヤリタイんだろと僕を押し倒し、汗て濡れてる僕の体を、乳首、脇、横腹、太もも、キンタマ、チンポと生温かい舌で、大胆に大きくしゃぶられたり、舐められたり、吸われたりした。
タイプでなかったけど、男とは初めてみたいなフリをして抵抗した。だけど僕はイッテしまった。
乳首あたりまで精子を飛ばした。

おじさんも我に返ったみたいに「気持ちよかったやろ、ありがとう」というとシャワーも浴びず、急いで出て行った。
僕もおじさんが、風呂から出たのを見てサウナ室から出た。
刺激で亀頭がピンク色を通り過ぎて、赤くなっていた。
僕は急いで身体を洗って出た。

僕はまた次の日に行くと、昨日のおじさんが風呂屋から出てすれ違った。
そのおじさんは、風呂屋の前に住んでいる人らしかった。
期待して入ったが、昨日のような事は、その日はなかった。

後日、某ゲイ雑誌のハッテン場特集に紹介されていた。
なんとガテン系の人の集まる場所だった。
まぁどちらかといえば、僕みたいなタイプは相手にしてもらえない場所でした。

テキストのコピーはできません。