後輩のデカマラ

SHOPの店長をしている29歳です。バイトの後輩勇樹24歳とホモ関係を続けています。
切っ掛けは勇樹から告白されて面白半分でホテルに行ってから。その日から俺は勇樹のデカマラに圧倒されアナルセックスを体験してはまってしまいました。

自分では女とするときは結構Sなのに、何故か勇樹に抱かれる時は完全に俺が女役で勇樹はSなのです。多分ちんぽの大きさの差が原因かな。
昨日はとうとう仕事中閑だったので店を別のバイトに任せて店のトイレで勇樹に犯されました。
週末散々やったのに勇樹の勃起したデカマラを見せられると欲情してしまい狭いトイレの個室でむしゃぶりつきました。
何度しゃぶっても勇樹のデカマラはいやらしい味がします。勇樹は余裕の笑みで仁王立ちです。

極太でガチガチの竿を扱きながら亀頭を口に含みしゃぶるともう駄目、ケツの穴が疼いて仕方ありません。俺は勇樹と付き合うようになってからケツワレのビキニをはいているので感じてしまうのです。
立ちバックでアナルに唾液を塗られ犯されました。声を殺すのに必死でした。アナルをデカマラで犯されながらちんぽを扱かれるとたまりません。俺はいつも簡単に逝かされてしまいます。

この関係、止められそうにありません。