ジムで先走りを流す男

明け方ジムに行くと人が疎らで静まり帰っている
外はまだ暗く静かな中で音楽とウエイトの音だけが鳴っている

その曜日のその時間に行くと必ずいる男がいる
殆ど体を隠していないタンクトップに短いトレーニングパンツの男だ
髭面にモヒカンで胸毛が猛々しく生えておりヘッドフォンをして音楽を聴いてトレーニングしている
しっかりトレーニングをしてるので太い腕に太い足をしている

俺が気に入っているのはその男がベンチに横たわる時だ
何故なら短いトレパンの裾から鏡越しに金玉とチンポが見えるからだ
黒い短パンの裾から男の黒いハンムケのチンポと金玉が見える
男は俺に見られてるのは気が付いているが気にしない様でトレーニングを続ける

一番最高な構図はインクラインベンチだ
上半身の毛深い胸と太い腕と踏ん張った足とはみ出てるチンポを拝むことが出来るからだ
たまに位置が悪いとチンポと金玉がそのまんま出ている時がある
その時は最高にいやらしい

顔を真っ赤にトレーニングしているがチンポはしっかり晒している
夜中は一人中年のトレーナーがいるが特に注意はしない
補助や見回りの時にささっときてテキパキとこなしサッとこなす
チンポがはみ出ていても気にする感じはなく仕事をこなしている

夢なのか現実なのか分からない真夜中の変態露出男のトレーニング
男がダンベルインクラをする時にその足の方でワザとロウをする
視線はズラさないのが基本なのでしっかりと男のチンポを視点にやる
たまに男は口をだらしなく開けてぼーっとしながらチンポをひくつかせる時がある
うっすら鈴口が滲む時もあるが勃起はさせない
とんだ露出好きなド変態男だ

だんだんとよが明けて来ると男はジムエリアを上がりシャワーを浴びて自転車に乗り朝霧の中に消える