中学の同級生で精通

中学生になったばかりの頃、連れションをしたときAにムケてないのを見られた。
既にズル剥けのAに真顔で「このままだと良くないよ。オレが剥いてやるよ。」と言われてそのまま個室へ連れ込まれ下半身丸出しで立ったままゆっくりと皮を根元の方に引っ張られて剥かれた。ヒヤッとするくすぐったい感覚がして初めてピンク色のカリが剥き出しになると、Aは「毎日、自分で剥くとイイよ。」と言ってそのままチンポを咥えてこびり付いた恥垢を舌で舐め取ってくれた。
「ううっ。」余りの刺激に思わず腰を引いても構わずしゃぶられあっという間にビンビンになってAの口の中にそのまま射精してしまった。初めての精通だった。
それから俺はAに言われた通り毎日せっせと剥いてはオナニーをし続けていつしかAと同じようにズル剥けになった。Aとはお互いのチンポをしゃぶり合う親友になって今でも感謝している。