高校の同級生と海のシャワー室で

高校のころの思い出です。
夏休みに同じクラスの友達同士5人で海に行きました。ちょっと気になっていた努もいました。

海で泳いで最後に着替える前に、シャワーを浴びに行きました。シャワーをあびたあと、人が多かったので個室(ビニールのカーテンをたらしただけ)に努といっしょにはいりました。胸がドキドキしていました。努は腰にタオルを巻いて海水パンツをおろそうとしていました。俺はわざとタオルを巻かないでパンツを脱いで裸で努の後ろに立ちました。そして思い切って努のタオルとはずしました。タオルが床に落ちて黒々とした毛と冷たい水で洗われてちいさくなった努のチンポがあらわになりました。

努はとっさに手でかくそうとしましたが、俺はすばやくチンポをつまんで指先でまさぐりました。努は「なにすんだよ」と小声で言っていましたが、見る間に勃起させ、チンポをひくつかせて荒い息をしていました。

俺も限界まで勃起したチンポを努の手に押し付けていじってもらいました。そのうちに俺のほうが我慢できなくなって、精液を努の手に漏らしてしまいました。俺がイクの見てますます興奮したのか、努は小便でも漏らすように白くて濃いのを一気に出していました。

努は黙って俺のと自分のチンポをタオルでぬぐって後始末をしてくれました。努にチンポを拭いてもらうときが一番幸せでした。

そのあと何回か努とは愛し合う機会がありました。卒業式のあとで、これが最後だと思い、努の家に行って、裸になって思い切り抱き合って何度も射精したのがいい思い出になっています。