ノンケを発展場にドハマリさせた

バイト先の社員が俺の部屋に泊まって、部屋にあるゲイ関係の雑誌で俺がゲイであることがバレてしまった。バレたことは平気だったが、社員がしつこくゲイのことを聞いてきてうんざりした。
その社員は23歳にして素人童貞で、風俗専門で週に一回は通ってて金がないと愚痴をこぼしていた。女にもてないようなタイプじゃなので不思議だった。

ゲイ雑誌の発展場の広告に興味を示した社員に詳細を話すと、食いついてきて、そんなに安くて簡単でできるゲイが羨ましいと言ってきた。おもしろくてゲイDVDを見せたら、結構ノリノリなんで、冗談半分で発展場に連れて行くよと言うと、さすがに拒否された。
でも暫くして、昼休みにその社員が俺のところにきて、発展場に連れていってくれと言い出した。

どこに連れて行こうかと悩んだが、エロくて即ヤリできるヤリ部屋を選択し、新宿まで向かった。それからは凄かった。最初こそ俺から離れようとしなかった社員も、男の派手なセックスを目の当りいして終始勃起状態で、男からチンポを握られると体を振るわせていた。ケツ堀りしているやつが交代しようと社員を誘うと、即堀りしようとしたので俺がゴムをつけてやり、めでたく挿入。これが男のセックスといわんばかりの腰つきで攻撃する社員にネコのあえぎも室内に響きわたり、1ラウンド終了してからも社員は帰ろうとせず、結局3回も射精していた。

それからはその社員ははまったらしく、頻繁に発展場に出入りしているらしい。
でもけっして自分からは何もせず、フェラされたりケツ掘ったりばかりしているとの
こと。