発展場情報サイト、できました。
詳細はこちら

銭湯で顔射

スペックは176:63:23の普通なやつです。
仕事帰りにときどき行くスーパー銭湯で汗を流していたら、その日は週末ということもあり、かなりの人でにぎわっていた。
何かを期待していったわけではなかったが、その日は高校1年生くらいの団体も入浴しており、じっくり裸体とチンポを観察していた。
かなりエロいもの、短いもの、様々あって個人的にはそれで満足していた。
その中でときどき視線を感じるのは、腰にタオルを巻いている若い奴だった。
しかし、眼鏡をはずしていたこともあり、どんな顔をしているのか全く分からず、ノンケを装った。

露天風呂に移動し、寝湯で上向きに寝ていると、若い男(顔はよく見えないけど、体はしっかりとしたやつ)が空いてる場所はたくさんある中、隣に来てアピールをしだした。
まあ、気になるので、ちらちら見ていると、こちらから何もしないせいか、勃起してるねって言って去って行きました。
その後、「ああ、なんかアクションしとけばな」って思った次の瞬間、さっきの腰にタオルを巻いた奴が一つとなりに座り、片膝を上げ、タオルを軽くずらし、チンポを俺だけに見えるようにしてきた。
それに興奮した俺は、わざとタオルをチンポに充て、勃起しているアピールをした。
勇気を出して、「今、何時ですか、目が見えなくて」というと、びっくりした顔で、「さあ?」っと言われ、彼はタオルを腰に巻いて、露天風呂を後にした。
完全に後悔した。

それで湯船につかって帰ろうと思い、露天風呂から中の白濁の湯に入ったら、さっきのやつが真隣にきた。
そして、足を近づけてきた。俺も足をツンツンしてアピールした。
すると、大胆にも、玉を触ったり、勃起したチンポをゴシゴシしてきた。
それに気づいた周りのやつらは、湯船からでて、若いゲイが近づいてきた。
そいつもおれのチンポを触ろうと手を伸ばしてきたが、さっきのやつが湯船から出ようとした。
それは嫌だったので、あとから来た若いやつの手を振りほどき、最初に来たやつとの行為を死守した。

すると、最初に来たやつと後に来たやつが同時に湯船からでたので、どっちに行こうかなと思ったが、やはり最初のやつについていき、死角になるシャワーブースに入り、ビンビンがさらにガチガチになって、お互い触りながら、しこっていた。
乳首をなめたり、フェラしてもらったり、俺も我慢できなくて、やつのチンポをフェラしてやった。
したら、「顔にかけて」っていうから、限界だったので、顔にかけてあげると、すごい笑顔でものすごい量の精液をビュンビュン飛ばしていた。悪いなと思ったが、身体をさっと流し、すぐに着替えに戻った。
今度行く時はちゃんとコンタクトして、相手の顔を見れるようにしよっと!!

テキストのコピーはできません。