靴下の匂いフェチ高校生

高校一年生の頃のことです。
僕にはずっと、サッカー部の人や陸上部の人の靴下をかがされたり、ふくらはぎや太ももを舐めたいという変態的な願望がありました。
しかしなかなかそんなこと誰にも言い出せないし、出会いもないので、coolboysのような他のサイトで募集をかけました。サッカー部の方 もしくは陸上部の方宛ての投稿をしました。「きっと来ないだろうな」と思ってメールBOXを見ていると、結構メールが来ているものでビックリしました。

ただ自分はそのとき初体験で歳も近いほうがよかったので、23歳、大学生(サッカー部)の方に返事をしました。
車をもっているとのことだったので、迎えに来てもらい、その方の家に連れていってもらいました。
部屋に行ったはいいけど、どうしたらいいのか・・・。という感じで、とりあえず床に座りました。すると相手が話かけてくれました。「どうしてサッカー部や陸上部の人に募集をかけたの?」と。「自分変態で笑 どうしても部活後の靴下の臭いを嗅いでみたりしたかったんです」

相手は興味津々な感じでした。
「じゃぁ、ホラ嗅いでみ?くせーと思うけど(笑)」と、彼はイスに座っていたので、足を僕の顔の前に差し出しました。その瞬間すっぱ臭い臭いが香ってきて即興奮。

鼻をつけて吸い込み、口にふくんでなんども吸い込みました。
彼はズボンを下ろしました。そそり立ち、血管がボコボコの、亀頭パンパンのチンポがそこにありました。

彼は両足で僕の顔を撫で回して立ち上がり、僕の顔を上にして「目をつむって口あけな」と言ってきたので、ドキドキしながら口をあけました。すると、舌に何かモノが触れたので、口を閉じました。
彼は靴下を脱いで僕の鼻に押し付けながら 「臭いか?」と、興奮したようすで 息を荒くしなが言ってきました。

僕も興奮して、体が熱くなっていくのを感じました。
無我夢中でレロレロしました。

すると彼は「出る出る出る!!おぉっ」
その時口の中でドクドク ドクドクっとモノが波打ち、大量の精子が喉に向かって発射されたので、むせそうになり口を話してしまいました。
すると顔にも結構な量の精液が飛び散りました。

彼は「大丈夫!?」と言い、僕を抱きしめてくれました。
あの時のことは忘れません。