マッサージ師の立場を利用して

26歳マッサージ師です。この職業を利用して、今まで数え切れない男性、ゲイからノンケまで頂きました。タイプの男性が来るとHなマッサージをして興奮させ肉体関係を迫ります。特に僕は年上のノンケが大好物で、ノンケが欲情して初めて僕のちんぽを咥える瞬間がたまりません。

最近の獲物はMさん、飲食店の店長で腰痛持ちです。色白の肌とプリケツとむっちりした太股がたまりません。まだちんぽを舐めさせてはいませんが時間の問題です。先日3回目の来店で手コキで逝かせてやりました。いい声で悶えるマゾっ気たっぷりのおじさんですので、調教のし甲斐がありそうです。
2回目の時の愛撫マッサージでMさんのちんぽはギンギンに勃起していました。僕ほどではありませんはそこそこのデカマラでした。Mさんは明らかに感じていました。特に尻へのHマッサージにはHな吐息を漏らしていましたから。3回目はオイルを勧めて予想通りOKでした。全裸になってもらいうつ伏せで始めたのですがプリケツがたまりません。アナル周辺は陰毛がびっしり、まるでオマンコそのものでちんぽが疼いてしかたありませんでした。
散々太股からお尻を愛撫してやり、仰向けにさせるとアイマスクを付けたMさんは完全勃起、仮性包茎のMさんの亀頭はピンク色ここがMさんの弱点です。太股から付け根にかけて愛撫してやると身悶えるMさんの姿がたまりません。そっとちんぽを触り竿を扱きながら乳首を揉んでやると「あん、ああ」と悶えます。「気持ちいいですか」と質問すると無言で何度も頷きます。亀頭にオイルを垂らし擦ってやると足を震わせながらつま先を伸ばし顔を左右に振りながら悶えるのです。犯したい欲求を抑えるのに必死でした。アナルを頂くのは次回です、今回はちんぽを愛撫して射精させるのが目的ですから。玉と竿を触りながら亀頭を擦り上げ射精寸前までMさんを追い詰めます。いよいよおしゃぶりです。パンパンに張った亀頭に吸い付きました。Mさんはあっけなく僕の口に大量のミルクを発射です。

来週にはこのマゾっ気たっぷりのMさんのアナルを頂きます。予約して帰りましたから。